フリーでラジオ番組を作ったり中で喋ったりしています。日常の事が中心のブログですが、出演情報や番組予告はこのブログで。ブログタイトルは「けろのブログ」の略。かえるとハロプロとラテンポップとジムが好き。
by けろ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ラジオ(Candy Box)
ラジオ(Sounds Box)
ラジオ(その他)
イベント
生活
ひとりごと
作曲
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
最新のコメント
> 吉田ミキさん コメ..
by come_on_tadpoles at 12:26
はじめまして。いつもクロ..
by 吉田ミキ at 22:30
そうです、そうです! ..
by come_on_tadpoles at 11:05
もしかしたら吉祥寺かな?..
by しーさん at 13:22
ぶなさん、コメントありが..
by come_on_tadpoles at 22:31
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
テレビ・ラジオ
クリエイター
画像一覧

手相占い 覚え書き

献血に行ったら、手相占いのイベントをやっていました。
献血ルームに普段行かない方はあまりご存知ないかもしれませんが、平日はおそらく集客の為なんでしょう、献血ルームでは占いとか、なんとかセラピー、子供と楽しめる遊びなど、いろいろなイベントを開いています。

今回は手相占いの日でした。
献血ルームには何度か足を運んでいますが、これまでは時間帯が合わなかったり等でイベントに参加ができず、今回初めてイベントを利用してみることにしました。


今回座っていたのは、世間話が好きそうな、男性の占い師さんでした。
一応目安としては15分位ということだったと思うのですが、平日でさほど混雑していなかったこともあって、30分弱くらいお喋りしていたように思います。

せっかく観て頂いたので、とりあえず覚え書きを。

・(手を見た途端)「あ〜、今日は、変わった人ばかり来るねぇ」
・個性なさそうに見せてるけど、個性がある
・面倒見が良いけど、見返りは求める。(「はい」と即座に肯定したら「『はい』って・・・(苦笑)」と若干呆れられました)
・最後までやり通そうとする。頑固。
・資格も取りたい、人とのお付き合いもたくさんしたい・・・「あれもしたい、これもしたい」でいっぱいなのが手に出ている
・なんでもできてしまうが故に、何をやりたいのかが未だ定まっていない
・全ての分野について理解する力があるので、人を束ねたりする総合職が向いている。職人気質ではない。
・あんたなんで結婚もしてないのに、離婚線があるんだい!?
・お金のことはあんまり気にしてない。お金に関する線がほとんどない
・出会いはまだたくさんある(例えば38歳位など)。でもそのチャンスを掴むのかやり過ごすのかは自由
・それまでやりたいことがあったはずなのに、25歳位から人生が違う方向に行ってしまっている。
・周りに手を貸してくれる人がいる
・5000人に1人位の手相だという線がある。まだこの部分の線が伸び切っておらず、どの方向に伸びるかが楽しみな線。


やりたいことがたくさんあるというところで、「自閉症の人が、1つの作業に集中するとものすごい力を発揮することがある」という話に例えて、「そういう意味で言えば、あなたはADHDだね」と笑いながら言われました。
まぁ、実際ADHDと診断されるほどではないですが、やりたいことがたくさんありすぎるとか、部屋が片付かないとか、確かに「とっちらかってる感」は常にあります。

某放送局内では「けろ バツ1説」がまことしやかに流れているようですが、ここでも疑われました(苦笑)
離婚線があるというのは「ここで結婚していたら離婚していたよ」ということのようなので、「まぁ、結婚してもいいような人がいたんだろうけど、しなかったんだね」と言われたのですが、私的には心当たりがない・・・そんな人いたか? (- -;)


結構お話好きの占い師さんだったようですが、順番を待っている時に観てもらっている人との会話が漏れ聞こえる感じでも、占い師さんがご自身やご自身の周りのお話などもされていました。
これまでお金を払って観てもらっていた時だと、占い師さんが自分の私的な話をするなんてことはなかったので、何度か占いを観てもらった事がある中でも非常に珍しいタイプだなぁと思いながら、会話を楽しみました。(占い師の方の人柄もあるでしょうが、今回は特に施設内の無料のイベントで、時間もあまり気にしなくて良い状況だったからかもしれません)

なので、私もちょっといろいろお聞きしてみました。
「どうして、手にいろいろな事がでるんですかね?」

すると、「人は自分のことを、外に出したいものなんだよ」と。
あくまで自分がそのような考えだから、右脳が左手に、左脳が右手に、それぞれ表れる。手相がこうだから自分がこうなる、というのではなく、自分の中の考えや心が先にあるんだよ、だから手相はずっと同じということはなくて変わっていくし、と。

さらに聞いてみました。「どうして占い師になったんですか?」
「姉が占い師で、姉がやっているのを見てたから」
「占い師って、どうしたらなれるものなんですか?」
「学校行って勉強すりゃあ、誰でもなれるよ。特に手相なんていいかげんで、6回通えば免状みたいなのもらえるから。実際観ることができるようになるには6回じゃ無理だけどね。だから手相は実践が大事だね。手相は統計学だから、たくさんの手相を見る事が大事」

この方はこれまで2万人位の人を見ているそう。(それが多いのか少ないのか私にはわかりません)
それまでは船のエンジニアをしていたとか。今は歌舞伎町でお姉様と占いのお店をやっていて、この方は深夜のシフトなので、時間のある昼間にこうしたイベントで観たりしているとのこと。

あと、手相では現在のその人を観ることしかできないので、手相だけできても実際にお仕事としてやるのは難しく、占星術やタロット等を組み合わせることで、過去・現在・未来を網羅するのだそう。
お姉様には「最低4種類の占いができないと、プロとしてやっていけない」と言われ、この方は4種類の占いを勉強したのだそうです。


やはり何事もプロとして一人前になるには、一筋縄ではいかないもんですね。
「あなたも占い師になって下さい」と笑顔で言われましたけど、この過程を聞いたあとでは社交辞令でも「はい!」とは答えられませんでしたよ・・・。
ただ、個人的には占星術はどこかのタイミングで1度きちんと勉強してみたいなとは思ってます。



こちらは「Omnibus Live」主宰「けろ」の私的ブログです。
イベント関連のブログはこちらから
[PR]
by come_on_tadpoles | 2014-04-05 06:27 | 生活 | Comments(0)