フリーでラジオ番組を作ったり中で喋ったりしています。日常の事が中心のブログですが、出演情報や番組予告はこのブログで。ブログタイトルは「けろのブログ」の略。かえるとハロプロとラテンポップとジムが好き。
by けろ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ラジオ(Candy Box)
ラジオ(Sounds Box)
ラジオ(その他)
イベント
生活
ひとりごと
作曲
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
最新のコメント
> 吉田ミキさん コメ..
by come_on_tadpoles at 12:26
はじめまして。いつもクロ..
by 吉田ミキ at 22:30
そうです、そうです! ..
by come_on_tadpoles at 11:05
もしかしたら吉祥寺かな?..
by しーさん at 13:22
ぶなさん、コメントありが..
by come_on_tadpoles at 22:31
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
テレビ・ラジオ
クリエイター
画像一覧

初乗船! 東京湾納涼船

普段海とはほとんど縁がない私ですが
(かえるは海水苦手なので・・・いや、そういう話ではない)
c0074219_0283393.jpg

東京湾納涼船に初めて乗船することになりました。
c0074219_0283655.jpg

浜松町の駅に付いたとたん、浴衣の女の子がいっぱい!
集合場所まで駅から少し距離がありそうだったので、道に迷わないか少し心配だったのですが、浴衣の女の子たちがぞろぞろ同じ方向に歩いていく光景を目にし、道に迷う心配は皆無と判断。案の定、無事到着しました。
c0074219_0284447.jpg

乗船の直前に、1枚。ここから船が出発です。
乗船口で光っているライトが「キャバクラの看板みたい」と、仲間で笑いのネタにしていましたが、乗船後もイケイケ、アゲアゲ、バブリーな感じとでも表現したら伝わるでしょうか。そんな派手な雰囲気で船内のコンセプトは統一されていました。
先日番組の中でもこの乗船の時のお話をして、その時は「チャラい船」という表現をしましたが、決してカップルで乗船などしてはいけません。楽しい仲間とワイワイ騒ぐために乗るものです。
c0074219_0284143.jpg

本来なら乗船+飲み放題で2600円ですが、私たちは今回10名程の大人数で乗船した為、座敷席が確保できるパーティープラン(別料金)を予約していました。その為、乗船料は割引が適用されています。
c0074219_0284755.jpg

パーティープランは、こんなオードブルが付いてきます。8名分で1セットのようでしたが、もしやあんまり手をつけなかった人もいたのかな? 結構お腹いっぱいになりました。
この座敷席は船の一番下のフロアだったので、外がまったく見えなくて、あまり船に乗っている感がありませんでした。たまに揺れるくらい。
天井近くにモニターが付いていて、船内番組がずっと流れていました。これで「あぁ、これからゆかたダンサーズのショーが始まるな」とか、「レインボーブリッジ通過するんだな」とか、時間の経過がなんとなくわかりました。
あと、船内は常に打ち込み系のような音楽が流れていましたね・・・。
c0074219_0285874.jpg

まずはオードブルでお腹を満たし、船旅の後半は、デッキに出て外を眺めることに。
しかし、あいにくのお天気で、私たちが外に出たタイミングで雨がひどくなってきてしまい、トップテラスには上がることができませんでした・・・。
c0074219_0291100.jpg

トップには上がれなかったけど、デッキからしばらく海の音や受ける風、時折空で光る稲光を堪能しました。
c0074219_029453.jpg

船の中は人が多すぎて、無断で撮影をしたら争いが起きそうなので(!?)撮っていません。それくらい人、人、人といった混雑具合でした。
船内にはフードコーナーもあって、お祭りの屋台で売られているようなお馴染みのものから海鮮寿司、スイーツ等々あって、船の中でお祭り気分を楽しめました。
c0074219_029625.jpg

2時間弱の乗船も、あっという間に終了。
船から見る外の景色とは裏腹に、躍動感があり常にアツい(いろんな意味で)船内でした。大学のサークル飲み会等のようなカオスな感じ。ちょっと懐かしい感覚もありました。乗船している年齢層も20代が中心のように感じました。
ただ、変な居酒屋さんで2時間飲むくらいなら、この納涼船で親睦を深める方が思い出深く、意味のある時間になるのではというのが私たちの総意でした。
またそのうち忘れた頃に、ふと乗ってみたいです。
c0074219_0291092.jpg

おまけ。納涼船の隣に停まっていたのでついでに。
三宅島や八丈島等との行き来に活躍している船のようです。
今回、仲間の中に船で島へ行くのが好きという人がいて、話を聞いていたら、私もいつか船でそんな島巡りをしてみたいなぁと思ったりしました。



「けろ」のラジオのお仕事関連のブログも見てね!
こちらからどうぞ
[PR]
by come_on_tadpoles | 2015-08-29 23:58 | イベント | Comments(0)