フリーでラジオ番組を作ったり中で喋ったりしています。日常の事が中心のブログですが、出演情報や番組予告はこのブログで。ブログタイトルは「けろのブログ」の略。かえるとハロプロとラテンポップとジムが好き。
by けろ
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ラジオ(Candy Box)
ラジオ(Sounds Box)
ラジオ(その他)
イベント
生活
ひとりごと
作曲
未分類
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新のコメント
> 吉田ミキさん コメ..
by come_on_tadpoles at 12:26
はじめまして。いつもクロ..
by 吉田ミキ at 22:30
そうです、そうです! ..
by come_on_tadpoles at 11:05
もしかしたら吉祥寺かな?..
by しーさん at 13:22
ぶなさん、コメントありが..
by come_on_tadpoles at 22:31
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
テレビ・ラジオ
クリエイター
画像一覧

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カフェのお客さん

まだ公開できない情報が多かったりするのと、とても写真撮影が許される雰囲気ではなかったので、写真は1枚もありませんが、映画の撮影がありました。
テレビは何度か出たことがありますが、映画は初めてなので、撮影現場の雰囲気とか規模とかどんな感じなのかなぁーなんて漠然と思いながら現場へ向かいました。

カフェのお客さん役と聞いてはいたので、コーヒーか紅茶くらいは出るんだろうとなんとなく思っていましたが、予想外のケーキまで登場。
私の隣にお客さん役として座っていたのは、ロケ現場のカフェを実際に経営しているオーナーで、「今日は撮影だから、内装をかなり変えているんです」とか、「(ここに出ている)飲食物は普段のものとは違うんです」といった話、その他いろいろ撮影の合間や撮影中(雑談しているシーンもあったので)に伺ったり、こちらもいろいろな話をしたりしていました。

ケーキはどこかの専門学校の先生が撮影用に作ったケーキだとかで、甘さ控えめでおいしかったです。私たちのテーブルは皆、チョコレートケーキを食べたのですが、カフェのオーナーも「おいしい」といいながら、あっという間に平らげていました。
もう1つ、いちごのショートケーキがあったのですが、あれもおいしそうだったなぁ・・・。

最初のテイクを撮影しようとした際に、「あれ? カチンコがない」なんていうハプニングも。
「カチンコどこ?どこ?」
「・・・そっちにない?」
「え、ない? ん〜・・・じゃあいいや! なしでやろう!」
「え? なくて大丈夫なんですか?」
「なんとかするよ! やろう!」

とまぁ、こんなやりとりもありました(笑)
そのうちどこかから出て来たのか出して来たのか、普通にカチンコ使ってましたけど。


そんなこんなで、1時間半ほどの撮影も楽しく終了。
映画の公開は来年秋のようです。それまでに、撮影に参加したことすらすっかり忘れてしまいそうな予感がするので、備忘録としてここに記しておきたいと思います。

しかしまぁ、ラジオにしても映画にしてもそうだけど・・・ディレクターの雰囲気作りって大切よね。って、改めて思いました。


こちらは「Omnibus Live」主宰「けろ」の私的ブログです。
イベント関連のブログはこちらから
[PR]
by come_on_tadpoles | 2013-11-29 00:28 | 生活 | Comments(0)

最近の頂き物

c0074219_15565776.jpg最近、とあるアーティストさんとお食事する機会がありました。
イベントの時はなにかと時間が限られていて、余計な話をする時間が取れないことがほとんどなので、久々にたっぷり時間を取っていろいろお話できまして、良かったです。

なぜか紅茶まで頂いちゃいました。ありがとうございます。
普段はお湯を沸かすのが面倒くさいので、あんまり紅茶を飲む機会を作らないのですが、せっかく頂いたのでお湯を沸かして淹れてみました。
市販のペットボトル等に入っている出来上がった紅茶には砂糖が入っていることが多いですが、こうやって自分が淹れるのは紅茶の香りや苦みがそのまま楽しめるので、いいですね。

c0074219_1624697.jpgそしてこちらは、長野県産のりんご。
なんだか我が家の「ピクルスのけろちゃん」がとても楽しそうにしていますが・・・
けろちゃん、それはボールではありませんよ! おねえさんが食べるんですから、粗末に扱わないでちょうだいね!!

ちなみに、最近柿もたくさん頂いたのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。

・・・ということで、最近どういうわけかいろいろな物が少しずつ集まって来る、けろ家の食卓なのでした。



こちらは「Omnibus Live」主宰「けろ」の私的ブログです。
イベント関連のブログはこちらから
[PR]
by come_on_tadpoles | 2013-11-26 23:54 | 生活 | Comments(0)

生放送特番終わりました〜

c0074219_13323749.jpg主催しているライブイベントのFMラジオ特番が先日終わりました。
イベントブログでは予めお知らせしていましたが、お聴き下さった皆様、ありがとうございました。

今回は、翌々週の特番枠で初めて自分の企画で生放送をやるということで、ふじいなおみさんが見学に来ていたので、急遽出演もして頂きました。
写真はあとでイベントサイトに載せますね。
彼女の生放送、当日私は仕事で聴けませんが、素敵な放送になればと思います。

番組中はメールも頂きました。嬉しいですね。
シンクウカンさんが到着する前だったので、それについての話題はふじいさんとマデ・カズエさんと私の3名で触れさせて頂きましたが、やはりフリートークでイベントとは直接関係ない話題を入れるのも、こういった一般層(音楽活動しているとかしたい層って、ある種特殊な層だと思っています)からの反応を頂くきっかけになって良いのかな、なんてことも感じたりしました。


次回の生放送は未定ですが、次の機会がありました時には、またよろしくお願いします。
年明け以降、普段のレギュラー番組でも私が喋る時間が増えそうな状況なので、そこでもまたいろいろな話題や情報を皆さんにお伝えしていければいいなと思っています。



こちらは「Omnibus Live」主宰「けろ」の私的ブログです。
イベント関連のブログはこちらから
[PR]
by come_on_tadpoles | 2013-11-25 23:30 | ラジオ(その他) | Comments(0)

ちょっと早めのクリスマスプレゼント♪

c0074219_23331073.jpgレギュラー番組「Candy Box」の、「けろトーク」のコーナーの収録がありました。
「けろトーク」は、かえるの話を5分間ひたすらしまくって、かえる信者を増やそう!
・・・というコーナーではありませんので、あしからず(ー ー;)

私、けろがトークをするので「けろトーク」です。
けろアンテナに引っかかった様々な方をゲストにお呼びして、対談を繰り広げるコーナーです。

スタジオにお呼びしたゲストの方から、思いがけない、ちょっと早めのクリスマスプレゼント!
ありがとうございますー o(><)o
こういうの、お店で眺めるのは好きですが、意外と自分で買わずじまいになってしまっていたりするので、嬉しいです。

トークの模様は年明けのオンエアになりそうですが、これまで番組ではお呼びしたことのないジャンルの方なので、どうぞお楽しみに。
別件でもちょこっとご協力頂いたのですが、こちらはたぶん12月中、かな?
勘のいい方には、何のことだか察して頂けるかと思います。
わかった方は、こちらもどうぞお楽しみに。



こちらは「Omnibus Live」主宰「けろ」の私的ブログです。
イベント関連のブログはこちらから
[PR]
by come_on_tadpoles | 2013-11-23 23:32 | ラジオ(Candy Box) | Comments(0)

学園祭

c0074219_351892.jpg生放送の後、お天気が良かったのでちょっと足を伸ばして、大学の学園祭に行って来ました。
この秋から授業のお手伝いで何度か通っている大学で、いつも大学のスケールの大きさにびっくりするのですが(自分が通っていた大学がこぢんまりしすぎていただけの気もしますが・・・)、今日は外部からの来場者も入り乱れて、とにかく人通りが多かったです。

c0074219_352855.jpg人通りが多くて、屋台が立ち並ぶスペースでは立ち止まって写真を撮るのも難しかったのですが、正門をくぐってすぐ辺りの場所でも、こんな風に人の往来が激しく、主食からデザートまで、様々な食べ物が売られていました。みんな自分のサークルの品を売ろうと、一生懸命声をあげたり、ボードを持って往来したりなどしていましたが、大学生のみで運営している屋台ということで、営業がしつこくないのがいいですね(笑)

c0074219_3104582.jpgこんなところで、かえる発見! ごみの分別方法等が書かれた立て看板でした。
「ごみステーション」という、学生の係員が2人くらいずつ立っていて、ごみを分別して捨てる場所が学内のあちこちに設置されていたんだけど、ちょっと多くないか? と思うくらい見かけました。「ここには必要ないだろ!」と思うところにまでいました。後のごみ処理とか、そんなに大変なのかなぁ。まぁ、あの地域はごみ分別に厳しいから・・・。

c0074219_3173641.jpg中庭では音楽ライブが行われていました。ライブハウスへ観に行ってへなへなした演奏だと腹が立ちますが、こういう場所では、無料で聴けるからなのか青空の下で開放的な穏やかな気持ちになるからなのか、そういうのも笑って許せる気がします。

この中庭を取り囲むようにここでも屋台が激戦区だったのですが、激戦区すぎて油の匂いが鼻について、次第に軽く頭痛がしてきてしまいました。
天ぷらアイスとかいう珍しいものを見つけたので買ってみました。外が温かくてカリカリ、中は冷たいアイス。外のカリカリはドーナツともちょっと違う感じで、あまり味わったことのない食感で、なんだか得した気分でした。

全体的に物価はそんなに安いという感じはしませんでした。「お祭りだから大盤振る舞い!」というわけではなくって、収支考えて結構堅実にやっているんだなぁという印象を受けました。
学園祭自体ほとんど訪れる機会がないので、他校と比べてどうとか、そういうのはわかりません。

外は結構賑わっていましたが、一歩建物の中に入ると静かな雰囲気でした。そんな中で各教室を訪れる勇気が出ず、展示はほとんど見なかったのですが、唯一写真部の展示だけは覗いてきました。
場所がわかりやすそうで人の出入りが結構ありそうだったので便乗してみたのですが、場所はわかりにくく、辿り着くまでに時間が掛かってしまいました。
展示はおもしろかったです。普段「記録としての写真」しか撮らないので、「作品としての写真」というものに触れて、「こういう撮り方や処理の仕方もあるのかぁ」等と、ちょっとした発見もありました。

展示とか室内の催しも結構やっていたようですが、数が多くて、しかも建物の上の階層でやっていたりとかして、知り合いでもいない限り、なかなか足を伸ばしにくいと感じました。なんとなく屋台だけ見て満足して帰ってしまった方もたくさんいるんじゃないかなー。
もう少し来場者の導線を考えて工夫したらもっと盛り上がりそうな気がするので、ちょっともったいないなぁという気もしました。

授業等でわりとおとなしい学生が集まっているのかなという印象を持っていましたが、学園祭を通してもやはりそんな印象を受けました。学生で若いから元気は元気だけど、そんなに「おいた」はしなさそうな雰囲気。
そんなこんなで久しぶりの学園祭体験は、良い気晴らしになりました。


こちらは「Omnibus Live」主宰「けろ」の私的ブログです。
イベント関連のブログはこちらから
[PR]
by come_on_tadpoles | 2013-11-17 03:00 | イベント | Comments(0)

収録で

c0074219_2421390.jpgEGOISTのお二人に、いろいろ頂きました。ありがとうございます♪

EGOISTが2人でコーナーを担当する前に少しだけ、EGOISTのうちの1人であるyounA(ゆうな)さんがソロで番組を担当していた時期がありました。
彼女は、まだ番組が形にもなっていたかった時に「Candy Box」のコンセプトに賛同して下さって、番組開始当初からコーナーを担当してくれました。

おかげさまで今は番組が2つになって、私個人としてもラジオのお仕事が充実してきて、今思えば「Candy Box」という番組が、ラジオのお仕事に勢いを付けるためのエンジンのようになっていたかなぁと思ったりもします。

彼女達も日々の音楽活動が充実しているようで、収録の日程を合わせるのはいつも大変なのですが、いろいろなところで活躍しているようで、今後も頑張って欲しいなぁと思います。



こちらは「Omnibus Live」主宰「けろ」の私的ブログです。
イベント関連のブログはこちらから
[PR]
by come_on_tadpoles | 2013-11-16 23:42 | ラジオ(その他) | Comments(0)

シンクウカンさんラジオ出演

c0074219_2415266.jpgイベントブログで予告しましたので、昨日のシンクウカンさんのラジオ出演の模様を少し。
ガラス越しの写真は若干いろいろ写り込んでしまっていますが、このアングルはミキサー席からでしか撮影できない貴重なアングルですので、お許しを。

ちなみにこの日、シンクウカンさんが訪れる前の、ディレクターと私との会話。

D「けろちゃーん、今日のシンクウカンって、どんな人?」
け「あぁ、ちょっと変わってると思います」
D「今日この人たち3人で来るのかな?」
け「え? シンクウカンって1人ですよ? 1人で『シンクウカン』です」
D「え? バンドじゃないの? だってここ(シンクウカンさんのホームページから印刷した写真)に3人いる・・・」
け「1人ですよ。それみんな同じ顔だから」
D「・・・あ! ほんとだ! 同じ顔だ!! 1人なのか!」
け「将来はバンドでやりたいらしいですけどね〜」(と、一応フォロー)
D「1人なのに『シンクウカン』!? ・・・やっぱ変わってるわ〜」

現場では、彼がスタジオに現れる前から話題騒然(!?)でした。

今回、リリースからも数ヶ月経っていて、今後のライブの予定も決まっていない状態(「だから『Tadpoles』に15分でもエントリーしておけば良かったのに!」と思ったし、当日トークバックで言ってやろうかとも一瞬思いましたが、シンクウカンさんはヘッドホンしてなかったので、言うのを諦めました)。
しかもパーソナリティに渡されていた資料(シンクウカンさんのホームページの内容)も情報が少なすぎて(これはディレクターも嘆いてた)、話題を広げるのにパーソナリティも苦慮している様子が見てとれました。

でも、私としては「経験積んでる喋り手さんでも、やっぱり彼の話を引き出すのは大変なんだな。私だけじゃないんだ」とも思って、ちょっと安心してみたり。
そんな中、ブースの外ではチーフがなぜか「シン・クウ・カン・サン」等と呟きながらウロウロしていたり・・・。
(「さん」付けした時の呼び名の響きに、なぜかハマッてしまった様子)

c0074219_35194.jpgそんな風に周囲に温かく(?)見守られながら、正味20分程の生出演が終了。
この通りブースの中でも写真を撮らせて頂きましたが、なぜかパーソナリティの西さんがメインみたいな写真になってしまった・・・。
まぁ、こういう「主役になりたいけどなぜかなれない」「ヒーロー目指してるけどいつも肝心なところで残念」みたいな感じも含めて、「シンクウカンっぽさ」だと思って私は見ています。(本人は多分「心外ですね」って言うんでしょうけど)


ゲストコーナー終了後、ディレクターに「今日のシンクウカンさんは何点ですか?」とジャッジを求められましたが、「うーん・・・」と唸ってしまいました。
ディレクターは「結構おもしろかったと思いますよ」と言ってくれたけれど、正直点数の付けようがない・・・というのが私の評価です。

プロとして自身の音楽にもっと耳を傾けてもらいたいと思うのなら、もっと耳を傾けたくなるような話ができないと厳しい。生放送のゲスト出演って、一発勝負なんだから。
せっかくたっぷり時間があって「この曲はどういう曲なんですか」って聞いてくれてるんだから、自分の書いた歌詞の内容についてはもっと深い話が聴きたかったなぁ。「本当に考えて書いてるんですか?」って思わず聞きたくなってしまった。そこは非常にもったいなかった。


とまぁ、そんな事を踏まえつつ、今度出演してもらう私が仕切る特番では、もっと虐めて、いや、弄ってみたいと思ってます。


こちらは「Omnibus Live」主宰「けろ」の私的ブログです。
イベント関連のブログはこちらから
[PR]
by come_on_tadpoles | 2013-11-12 23:33 | ラジオ(その他) | Comments(0)

コミュニティなバス

私が仕事で通っている某局の周辺では、「コミュニティバス」なるものが走っていまして、一般的に馴染みのあるバスよりも小型で車体が丸っこくて、かわいらしい雰囲気です。
1度乗ってみたいと思っているのですが、利用する機会がまだありません。
「なんでこんな道を入ってくるんだよぅ〜」と思うような狭い道もスイスイ走っていて、個人的には不思議な存在です。

走行するエリアが狭くて、料金が100円とか、一般的なバスより少しお安いんですよね。
人口が多い都内ではニーズがあるので、各自治体ごとにいろいろ走らせている地域もあるようですが、ちょっと田舎へ行くと、各自車を所有しているのがスタンダードなので、バスの需要自体があまりなく、見かける機会も少ないです。
たまたま実家へ帰省して家族でテレビを見ていた際、タレントさんたちがグループであまりお金をかけずにいろいろな場所を回る企画をやっていて、その中でコミュニティバスを使っていたのですが、それを見て父が「都内では100円でバスに乗れるのか?」と驚いていたことがありました。


と、前置きが長くなりましたが、私は最近バスを利用する機会が増えました。
お安くない普通のバスですが、やはり限られた地域・区間を走る、面積も長く連なる電車と違って、乗客すべてを見渡せる程度の広さ。
これもある種の地域コミュニティなのかなぁ〜と感じる瞬間が、時折あります。
もっと平たく言えば、「ご近所さん」っていう感じ。


こんなほっこりすることが最近ありました。
乗客が皆降りたと思ってドアを閉めようとしたところ、ある女性の乗客が「すみません!」と慌てて降車ドアへ向かいました。
車掌さん、ちょっと面倒臭そうに「降りるんですか?」と。
すると女性は「忘れ物です! あの赤いジャンパーの人! 鍵忘れていった!」と。

それで車掌さん、マイクで「今降りた方、忘れ物ですよ」と言いながら降車ドアを開けました。
女性の方はバスを降りて赤いジャンパーの女性に声を掛けながら駆け寄っていき、鍵を渡してあげて、またバスに戻ってきました。
車掌さんは、女性が戻って来たら扉を閉め、「ありがとうございます」と言い、出発しました。
鍵を届けてもらった赤いジャンパーの女性は、バスが自分の横を通りすぎる時、立ち止まって車掌さんに向かってお辞儀をしていました。


お互い知らない人同士だけど、ちょっと何かが繋がったような感じ。
私はそこには何も関わっていなかったけれど、端から見ていても「あぁ、良かったなぁ」って思いました。単純に「鍵が届いて良かったな」っていうだけじゃない何かがありました。

私はその次のバス停で降りたのですが、家まで歩く道すがら、「この知らない人同士だけどなんかちょっと繋がってる感じって、何かに似てるなぁ」って考えていました。
いずれにせよ、私も身近なところで人と人とを、あるいは人と何かとを繋ぐお手伝いをしながら、自分もいろんな人と繋がって、もっともっといろんな事ができたら楽しいだろうな、というのは、今の仕事をしながらわりとよく思うことです。


こちらは「Omnibus Live」主宰「けろ」の私的ブログです。
イベント関連のブログはこちらから
[PR]
by come_on_tadpoles | 2013-11-10 23:32 | 生活 | Comments(0)

生け花らしきものを観に行きました

c0074219_12341832.jpg生け花を観に行ってきました。

たまたま会場が昔のオフィスのすぐ近く。当時はこの建物内でお昼ご飯を買ったりすることも時々ありました。
そんな場所だったので、途中その当時の営業ルートを経由しつつ、地図なしで当時の通勤ルートを通って会場に辿り着きました。
平日と休日では大きく様子が違う街だからなのか、当時の環境に全く未練がないからなのか、あんまり感傷的な感情は湧かず、かつてよく歩いた道を意外にもあっさりと通り過ぎました。

c0074219_12342398.jpgそれはさておき、会場に着くと、入り口にはドーン! と大きな木が。
「おおっ、今日は『ここが入り口』ってわかりやすいわ」と思いながら入場したのですが、しばらく縦に大きく使った作品が続き、どうやら今回はかなり大きな作品が多いらしい雰囲気を感じました。(後から聞いたところ、他の生け花展をパスしてでもこれには出展する! という意気込みの方も多く参加される、伝統ある生け花展のようです)

休日で、会場内は大変混み合っていました。100点以上出展されていて、その当人や知り合いが来場するのですから、もう大変。
そんな中、人をかき分けつつ、目的の作品の前に到着。
c0074219_12342694.jpg

おたまちゃん!!
心の中で思わず叫んでしまいました。私の目的の作品は右側の白い子です。
私が持っているおたまじゃくしの「おたまちゃん」のぬいぐるみに形状と大きさがとっても似ていて、びっくりしてしまいました。これに水色かオレンジで色を塗ってくりくりの目をつけたら、完全におたまちゃん!!(自宅に置ききれず実家に住まわせているぬいぐるみなので、写真載せられなくてすみません)

165個もの繭を使用している珍しい作品。そして、挿してあるユリの花は繭から羽化した生命を表現しているのだそうです。
が、私にはどう見ても「髪飾りをつけているおたまちゃん」にしか見えませんでした(苦笑)。ごめんなさい。

ちなみに、お隣の作品は今回の新人賞だそうです。
どこかのお姉様が「新人賞を取るには規定があって、私は級が上がっちゃったから対象じゃないのよ。新人賞欲しくてあえて級上げてもらわずに、取れるまで頑張る人もいるみたいよ」なんていう話をしていましたが、関係者の来場も多いせいか、どうしてもこういう外の人が知らなくてもいい情報まで勝手に入ってきてしまいます(笑)


c0074219_12343020.jpg今回は、「生け花展」と謳っていながらも、もはや「花」でない作品も多数。
これなんて「あああ・・・こぼしちゃったんですか?大変ですね」みたいな感じですし。
しかも、どこに花があるんだろうと思って花材を確認したけど「黒豆」としか書いてないし。
「やっぱり黒豆だけなんかい!」と心の中で突っ込みました。
もはや生けてないし花でもないし・・・みたいな。(作者的には芽を置く位置は考えて置いているのでしょうから「生けているんだ」って言うかもしれませんけれども・・・)
行き着くところまで行き着くと、こんな風になるんですね。

c0074219_12343492.jpgこの作品も、ひときわ注目を浴びていました。
私も最初「あぁ、ハロウィン近いし、かぼちゃかぁ〜」と思いながらその上に乗っているものに目をやって、一瞬ギョッとしました。

う○こかと思った! あーびっくりした!!

過ぎ行く人々皆さん「あぁ〜、ストッキングの中にお米が入ってるんだぁ〜。なるほど〜おもしろいね〜」等と口々につぶやきながら鑑賞していましたが、心の中で最初に思った事は皆一緒だったと思います。

c0074219_13373437.jpg花じゃない作品が続いたので、もうすこし花に近づいた作品も載せておこうと思います。
ただ、今回は開催がこの季節だからなのか、秋の紅葉をイメージするかのような赤系統をモチーフにした作品や、枝の動きが中心となるような作品がたくさんあったなぁという印象でした。


音楽を作っている方でも、「自分が死んだ後にも残る物を」という信条で作品作りをしている方もいて、それはそれで素晴らしい事だし、そういう方の存在も必要だと思うのですが、私自身はというと、自分が死んだ後の世の中なんてどうせ自分で把握できないので、死んだ後に自分の作ったものがどうなるかなんて、あんまり興味がないです。
c0074219_13524966.jpg
結果として残って世の方々に親しまれれば、それはそれで嬉しいですけれど、死後に残す為に作ろうというのは、今のところ私のモチベーションにはなりません。

生け花も花の命に限りがある為、楽しめる時間にも限りがあるわけですが、音楽ライブにしろラジオ番組にしろ、こういうその場限りで終わってしまう刹那的なものが、私は結構好きみたいです。



こちらは「Omnibus Live」主宰「けろ」の私的ブログです。
イベント関連のブログはこちらから
[PR]
by come_on_tadpoles | 2013-11-03 21:33 | 生活 | Comments(0)